カテゴリ:堆肥づくり( 4 )


2013年 01月 29日

手っ取り早く、埋める。

今日はいい天気♪

昨日の雪がウソみたい。

さて、畑ですが、寒いのでほったらかしです。

堆肥づくりも,寒いから・・・やってません!(←おいっ、)

でも、簡単に、
台所で出た野菜くずに 米ぬかをかけて、

掘って~、
掘って~、



d0170770_15461651.png


埋めてます^^


時間はかかるけど、
土がよみがえり 栄養たっぷりになるでしょっ。
[PR]

by c_haru_hand | 2013-01-29 16:01 | 堆肥づくり | Comments(0)
2012年 05月 20日

また始めてます。

去年、土のう袋と米ぬかで 堆肥づくりを始めました。

土と米ぬかを混ぜて『タネ』を作り、野菜くずを入れる。
ひとつかみの米ぬかをまぶし、
袋をとんとんたたいて、混ぜます。
そして、土のう袋の半分位にたまってきたら、
畑に穴を掘り、せっせと埋める。

楽しくやっていたんですけど・・・ね。

ある日、
袋を開けると、、
いたんですよ、、
虫くんが。

魚の骨とかエビの殻とかを入れてしまったから・・・か

ぎょ~~~!!っ!!

即行、土に埋めてやりました。

それから・・・しばらく、、
堆肥づくりはお休みしていたのですが、

d0170770_148427.jpg


また始めました。
こりてません(笑)

今から気温が上がるにつれ、発酵も進むので
堆肥づくりには最適なんです。

もし、、虫くんが発生しても、
速攻、畑に埋めちゃえばいいんで、
あまり気負わず、
今年も楽しんで、堆肥づくりをして行こうと思ってマス。
[PR]

by c_haru_hand | 2012-05-20 14:25 | 堆肥づくり | Comments(2)
2011年 07月 05日

堆肥のタネ作り(夏バージョン)

土のう袋で堆肥づくり。

まずは堆肥のタネ作から。

微生物の活動は、温度にとても敏感。

なので夏と冬で作り方が違うみたいなんです。

気温の上がる夏は、嬉しいことに一番簡単なんだって~。

やったね^^




@米ぬか1ℓ

@土4ℓ(今回鉢植えの、使用済みの土を使いました。)

(いづれも、牛乳パック(1ℓ)で量ると簡単です。)

d0170770_1623497.jpg


を、よくよく混ぜ合わせます。

↓  ↓

それを2つに分けて、土のう袋に入れます。

d0170770_18522116.jpg


これでタネ作り終了。

↓  ↓

ここから堆肥づくりです。

袋の中に生ゴミを入れ、米ぬかをひと握りほど全体にふりかけて、

タネとよく混ぜ合わせます。

外に置くので雨がかからないように、
段ボールに牛乳パックを置いて、その上に土のう袋を置きます。

(本では、レンガの上に置いてました。)

d0170770_18542268.jpg


一日経って・・・

先ほど、おそるおそる箱を開けて、土のう袋をさわってみたら・・・

d0170770_18552315.jpg


温かい。

ちゅうか、熱い。

ぬかがちゃんと発酵してくれているんですね。



おーーっ、、楽しい。

米ぬかが、発酵促進剤の代わりをしてくれるんだ。





これから2つの袋に、生ゴミを交互に入れて

私、ゴミを大切に育てて行きます。


うふっ、


よしよし、ええこじゃ(笑)
[PR]

by c_haru_hand | 2011-07-05 21:30 | 堆肥づくり | Comments(2)
2011年 06月 29日

堆肥作り

少し前に、ふらりと立ち寄った本やさんで見つけた本。

ひと目でわかる!図解「生ゴミ堆肥」ですてきに土づくり

門田 幸代 / 主婦と生活社


d0170770_22264176.jpg


材料


@どのう袋

@土

@生ゴミ

@米ぬか


と、身近にあるもので
ふかふか堆肥が出来ちゃうって?!


うわぁ~、興味津々~♪





米ぬかを買えばいいのですが、

米ぬか欲しさに・・・精米機買いました(爆)


d0170770_22283913.jpg



毎日精米したてのご飯が食べられて、ぬかも使える。

そしてそのぬかは、生ゴミと一緒になり、堆肥に。

考えただけで・・・

おぅ、わんだふる。


自分で精米すると、なんだか米ぬかまで・・・いとおしい。

d0170770_22274225.jpg



今は化学肥料も使ってますが、

目指すは、有機肥料で野菜作り。

さて、ちゃんとできるかな?
[PR]

by c_haru_hand | 2011-06-29 22:43 | 堆肥づくり | Comments(4)